みどり文化芸術ネットワーク音楽劇第6作 ミュージカル「タイミング~桶狭間に降る雨」の中で、『信長坂』が出てきます。
 桶狭間古戦場祭の日、信長坂にタイムスリップして転がり出て来た武将が梁田出羽守政綱。彼は今川義元の動きを確認し、信長に伝えるために戻る途中であった。戻れなければ信長は義元を倒すタイミングを失うことになる・・・。

 『信長坂』は桜花学園大学・名古屋短期大学構内に整備された一角にあります。
きっと当時はこの付近に信長が・・・と想像がふくらみます。

 永禄三年五月十九日(西暦1560年6月22日)午後一時頃、この辺りの山麓で激しい雷雨が止むのを待っていた織田信長隊は、この坂をいっきに駆け上がり、今川義元の本陣へ突入したと伝えられています。
 これが世に言う「桶狭間の合戦」であり、信長の勝利によって中世の陋習は打破され、近世への扉が開かれました。と説明板に記載されています。

<信長坂>

<坂の上からおけはざま山方面を見る>


<豊明 高徳院方面を見る>


<信長坂を下る ふもと左側が釜ケ谷>

<釜ケ谷の説明板>

チケット販売が始まっております。
 2017年6月17日(土)14時~/18時~
       18日(日)11時~/15時~
 ご都合の良い時間の公演をぜひご覧ください。
 詳細は、みどり文化芸術ネットワーク事務局、出演キャスト・スタッフ、緑文化小劇場、チケットぴあへお問い合わせください。

(文責 佐藤)