☆ワークショップ⑤

10月20日(日)9時30分~12時 鳴海小学校
登録者15人が参加して、WSの5回目を行いました。雨の中、お疲れ様でした。

前半

〈使用題材〉

ブロードウェイミュージカル「ザ・ファンタスティック」より 脚本(抜粋)
「Try To Remember」の楽譜
①みんなで合唱し、声を出しましょう。
②言葉に気をつけてせりふを読んでみましょう。

☆菊本氏より☆

スタートが大切!
せりふの初め、最初の言葉・・・緊張などで、いつもの力が出ない事が多い。
かまえてしまい、普段とは違う変な抑揚などが出てしまいがち。
プロでも緊張するので、それぞれが自分なりのリラックス方法を持っている人が多い。
深呼吸とかストレッチとか。みなさんも緊張に慣れていきましょう。
リラックス方法も見つけてみましょう。
芝居とはうそである。表現のうそである。客を信じ込ませ、入り込ませればいい。
そのためには、本気のうそでなければならない。真剣にうそをつこう。
自己解放し、本気のうその世界を楽しもう。
演じている人が楽しんでいなければ、見ている人が楽しめるわけがないのだから。

後半

〈使用題材〉

灰谷健次郎「きみはダックス先生がきらいか」(抜粋)
①分担して読んでみましょう。
②群読してみましょう。

☆菊本氏より☆

群読とは、みんなで気持ちを合わせて、同じものを読むこと。
バラバラにならないようにするにはどうしたらいいか。

句読点をそろえる
点はすべてを同じ長さではない。
聞いている人にわかりやすいように、長短をつける。
足りない時は、点を増やしてもよい。
群読では、みんなで共有ルールを決める。

気持ちをそろえる
他人の声を聞くことと、自分が自信をもった発声することの2つのバランス。

会話部分とナレーション部分とのあいだの間(ま)を考える
全部同じではない。

意味をそろえる
主語・述語・修飾語などをよく考えて意味を考えると抑揚もそろってくる。

来月には、音楽劇の内容も決まってきます。どうぞお楽しみに!
次回、最後のワークショップは11月10日(日)9時30分~12時 青少年宿泊センター(大高)です。
配布された資料はお持ちください。欠席の方の資料は事務局でお預かりしています。

<次回予告>

配布された台本・楽譜などを持参してください。
練習日程(音楽劇団内ニュース№1(news01.xls 61KB))に、
今後の練習出欠予定を書いて持参してください。

次回は・・・ワークショップ最終回です!
11月10日(日)9時30分~12時 WS №6 青少年宿泊センター(大高)

☆結団式

12月8日(日)10時~12時 名鉄自動車学校
関係者、キャスト、スタッフのみなさんはご出席ください。
簡単な茶話会を行う予定です。

☆本格的練習開始

(練習会場予定) 青少年宿泊センター(大高)、緑生涯学習センターー、鳴海小学校など

12月8日(日)の結団式以降の練習日程をお知らせいたします。(少しだけ無理をしましょう。)
平日 水曜日 18時30分~20時45分
休日 日曜日 13時00分~16時15分

別紙 音楽劇団内ニュース№1(news01.xls 61kB)をご覧ください。

出欠席の連絡をするために事務局 音楽劇用携帯を開設します。
詳しくは後日、お知らせします。